文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

五月病かなと思ったら

2014年5月15日掲載

ゴールデンウイーク明け、五月病の文字がちらほらと
見かけられるようになりました。

そもそも、五月病は4月からの新年度をスタートして
1か月経過し、ゴールデンウイーク明けに休養した後で
抑うつや無気力、不安、不眠などの症状が出てくると
されています。

専門的に言えば、「適応障害」または「うつ状態(うつ病)」
というのが適切な病名と言えます。

ゴールデンウイークにリフレッシュしたり、休養したのに
なぜかその後に仕事のやる気が起きない、勉強が手につかない
いつもできていたことができないなど、変だなと思ったら
もしかして五月病かも??

あれ?何か疲れるな
やる気がしないな
食欲ないな
など、思い当たる症状が出てきたら、要注意!

病院に行く前に、まずはしっかりと心と体の声を聴いて
休養しましょう。

ゴールデンウイークに休んだのに、また休養?
と思うかもしれませんが、きちんと休めていないから
まだ足りないとSOSサインが出ているのです。

リフレッシュしたつもりが、疲労につながっていたり
休養して家にいたら、家でガミガミ言われていたり
家族サービスに使っていたり、渋滞にはまったり・・・
様々あるかと思いますが、嬉しいことも大変なことも
ストレスの要因になることは変わりありません。

体のサインが出てきたら、しっかりと休養する
これが早い段階でできれば、病院に行く必要もなく
自力で、自然治癒力で大丈夫。

このサインを見逃して、連休明けに仕事たまっているからと
一生懸命に仕事している方、危ないですよ。

こじらせると厄介ですから、今のうちに休養を!
5月から6月は梅雨に入るまで季節が少し変わりますので
体調の変化が出やすい時期でもあります。
そのため、今のうちに梅雨に入るための準備をするつもりで
いつも以上にゆっくりとのんびりと生活していくことを
心がけて頂くとよろしいかと思います。

ご自分の体を最適に調整できるのは、誰より自分です。
セルフケアのエキスパートになれるといいですね。
それでは、素敵な初夏をお過ごしください♪