文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

夏の冷えにご用心!

2010年7月15日掲載

イメージこれから、夏本番を迎えます。
夏といえば…ビール、かき氷、冷えたスイカなど
涼しくて美味しいものが思い浮かびませんか?

しかし、夏は代謝が落ちやすいので、気をつけたい時期。
冬に太りやすい、やせにくくなる方、今がチャンス!
夏に代謝を落とさないように工夫すれば、
冬太りしにくい体になるんです。

そのポイントが、「夏の冷え」
夏は暑いから、冷えないよ~なんて思っている方は
要注意ですよ。

■こんなことやっていませんか?

*女性に多いのが、素足にサンダル
*素肌に直接洋服を着る
*やっぱり夏は冷たい飲み物(アイスコーヒー、ジュースなど)
*夏はあついからシャワーだけ
*食欲がないので麺類ばっかり
*家でもクーラーはつけっぱなし

思い当たることが多いほど、夏の冷えを招いています。

まず、素足にサンダルはファッションとしてはいいかも
しれませんが、そのまま冷えたオフィスにいることがNG
クーラーのきいている室内では、足首を冷やさないように
靴下やレッグウォーマーなどを着用しましょう。

また、素肌に直接洋服は、お腹周りの冷えをおこしやすく
冷えて下痢や便秘など内臓の冷えにつながります。
お肌のトラブルも招きやすいので、これまたご用心!

夏には暑いので、ついつい冷たいものを飲んでしまいがち。
でも、できるだけ氷を抜いてもらう、常温のものにするなど
工夫をしてみてください。
内臓が冷えてしまえば、体温が下がり、免疫機能までも
低下してしまうんです!代謝はもちろん低下します。

そして、夏は食欲が低下して、そうめんばかり…
なんていう方も多いのでは?
代謝を上げるために必要なのは、筋肉なんです。
筋肉のもとになるのは、たんぱく質。
つまり、お肉やお魚などたんぱく質を多く含む食事が大切。

麺ばかりでは、炭水化物ばかりで、逆に太りますよ~
そればかりか、たんぱく質不足の体では、
体の筋肉から必要なたんぱく質を補うために、
持っている筋肉までが落ちていきます。
あぁ、代謝がさらに落ちていく…(悪循環です)

■夏の冷え対策

夏に冷えないために、まずは食事でたんぱく質をきちんと
食べていきましょう!
筋肉をつけるために、ウォーキングやストレッチなど、
筋肉を刺激する軽めの運動をしてみましょう。

足首、お腹、腰、首など大きな血管が通っている部分は
なるべく冷やさないように工夫しましょう。

シャワーだけではなく、ぬるめのお湯にゆっくりつかり
入浴をして心も体もポカポカリラックス。
冷房などで足が冷える方は、足浴もオススメです。
好きなアロマオイルを1~2滴たらせば、アロマ足浴♪

現代人は、日中冷房の中で冷えた生活をしています。
自宅では、なるべく扇風機や窓を開けて天然の風を活用し
体を冷やしすぎないように注意して下さい。
打ち水をしておくのも、涼しい風をえるコツですね。

昔の日本人の生活は、本当に気候風土を良く考えて
工夫していると思います。
たまには夏休みなどを利用して、田舎での生活を楽しみ
人間らしい生活を取り戻してみるのもいいかもしれません。

生姜の活用などは、冬の冷え症対策コラム
冷え性改善!~幸せポカポカ生活のすすめ~
を参考にご覧くださいませ。